【ライトセラピー 9 】光とは何か? その4 | PAPERMOON ライトセラピーレッスン 東京自由が丘


こんにちは。PAPERMOON 冬野朋子です。

う〜ん、北風の冷たい一日でしたね〜。

さて、ライトセラピーレッスンの第9弾。光とは何か?のその4です。

前回のその3がちょっと前でしたので、忘れちゃった方、読んで無い方は、

ぜひ一度お目通しを❗️ 前にもお話ししましたが、この「光とは?」シリーズ。

実は地味ながら好評を頂いているんです😘

なかなか敢えて語る人っていませんしね。

居たとしてもなんかちょっと怪しい方向へいっちゃったりとか⁉️(笑)

ワタクシ、冬野は、そっちへは行きません(笑)

あくまでこっちで(どっちで???)。

と、ふざけている場合ではなく、

真面目なお話し、光を知ると楽しいのです。

そして今世界的にも光の研究は熱いのですよ。

物理学、光学、工学、科学、数学、考古学、医学、心理学、哲学、色彩学、音楽…

いろんな分野で研究が進んでいます。

光の可能性はどんどん広がるばかりなのです✨😍✨

2015年は、「光および光技術の国際年」と国連が定めた年でもありました。

イブン・アル・ハイサム*の光学研究から1000 年、

アインシュタインの一般相対性理論から100年に当たる年だからだそうです。

*イブン・アル・ハイサムは、「光学の父」と言われる研究者です

つまりいろんな分野から、

世界中の天才達を夢中にさせるものなわけですね、光って。

なので、こちらのライトセラピーレッスンも、どうぞお楽しみに✨

と、前置きが長くなりました。本題に入りま〜す✨

今日は前回の続き、太陽光です。

地表に届く、太陽光の代表的成分として、 可視光線紫外線赤外線 をあげ、それぞれ 波長が違う、とお話ししました。 もう一度、図を上げると以下です。

波長に注目してみると、 色が青い方向へ行くと、波長はどんどん短くなります。 逆に赤い方は波長が長くなっています。 この波長の違いが、様々な現象を生むのですが、 ワタクシを含めた女性たちが、恐らく気になるのが、 紫外線による「日焼け」でしょうか。 赤外線では起きない日焼けが、 紫外線ではなぜ起きるか…。

その違いは、波長の違いと言うことができます。 波長が短いということは それだけエネルギーが大きくなるからです。 これはなんとはなくイメージできますよね。 人間でも短気な人はエネルギーが大きそうに見える…とか?(笑) その紫外線。 みなさんよくご存知のように、波長の違いでさらに3つに区分されます。 はい、A波、B波、C波ですね。 それぞれ UV-A、UV-B、UV-C と表記されます。

ちなみにUVですが、Ultra Violetの略です。紫超え、ってことですね お化粧品で良く聞く、UVケアのUVももちろんこのことです。

これらは波長が長い順に、A→B→Cとなり、 (つまりC波が一番波長が短い) エネルギーの大きさでは、A<B<Cとなります。

日焼け止めでよく表記される、A波とB波。どちらが強いかというとB波なのです。

今は真冬なので、あまり紫外線が取りざたされませんが、

あと少しすると途端に、この話題に入ってくるでしょう。

私はこの世の中の風潮に、意義を申し立てたい派なのですが(笑)

それについては、また追ってお話ししますね。

ではまたお会いしましょう✨

>>>この続きは、ライトセラピー10 へどうぞ!

>>>レッスンを始めからお読みになりたい方は、ライトセラピー1 からどうぞ!

◉ ライトセラピーレッスン PAPERMOON ◉

講座のお問合せは こちら から

#PAPERMOON #ライトセラピーレッスン #PAPERMOONアトリエ #手作りライト教室 #東京自由ヶ丘 #ペーパームーン #ライトテラピー

〒158-0083

鯉沼ビルB1F

手作りライト教室、PAPERMOON、ペーパームーン、東京自由が丘

03-5754-2637

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

©PAPERMOON All rights reseved

本サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、加工及び引用を一切禁止します