【ライトセラピー 10 】光とは何か? その5 | PAPERMOON ライトセラピーレッスン 東京自由が丘


こんにちは。PAPERMOON 冬野朋子です。 今日は雪がちらつきましたね〜。

本日は出張教室だったのですが、レッスンの途中、

「外は雪です!」という声で窓を見ると、あらら、ちょっと嵐っぽい🌀

うわ〜帰れるかしら、と思ったら、会場を出る時には止んでました。ほっ😊

皆さまもどうぞ、お気を付けくださいね。

さて、光とは何か?の第五弾。

さすがに地味な話題続きで、皆さん、飽きてませんか?(笑)

もし「いやいや飽きてませんよ!」ということでしたら、

シェア大歓迎ですし、メッセージもお待ちしています😊 

励みになりますので、質問とかでも歓迎ですよ〜♥️

ということで、前回の続きです。

光、とりわけ、太陽から地表に届く光のお話しです。

前回の終わりには「紫外線」の種類をお話ししましたね。

女性には比較的お馴染みのA波、B波、C波のお話しです。

最近は日焼け止めなどで、A波とB波のことが話され、

どっちがどうなんだ?と思われていた方も多いかもしれません。

復習すると…

これらは波長が長い順に、A→B→Cとなり、 (つまりC波が一番波長が短い) エネルギーの大きさでは、A<B<Cとなります。

殊に C波 のエネルギーは大変大きく、人が浴びたら死に至ります。 幸い、オゾン層に吸収されて地表には届きません。 (というか、届いていたら、人間は生きてはいませケドね💦) そして紫外線のほとんどを占めるのがA波です。 B波は極わずかなのですが、そのエネルギーの大きさはA波の比になりません。 巷でいろいろと紫外線の害が取りざたされているのは、

このB波のなせる技ということですね。 ではA波は安全なのかというと、オゾン層ではあまり吸収されず、 またガラスも通過してくるものも多くなります。

ゆえ、ここが美容上では問題視され、

シミになるよ〜冬でも安心しちゃ駄目よ〜と、騒がれるわけなのですねー。

まとめると、エネルギーが大きなもの(UV-B)は、 地表に届きにくもののそれ自体にはパワーがあり、 比較的エネルギーが小さいものの(UV-A)は、量が多くなる…ということですね。

ここまでお話しすると、紫外線ってなんだか相当悪者ですよね…。

でも本当に悪者なのかしら?

だって、ただの悪者だったとしたら、

地球にこんなに永々と、人類が生き抜くことができたのか?

と思うわけなのです。

うーーん。もしかして、悪者にしておいた方が、

都合がいい人たちが、現代は多いのかな〜なんて、思っちゃったりして😜

みなさんは、どう思われますか?

余談ですが、私達には紫外線を見ることができませんが、 鳥などは紫外線を見ることができるそうですよ😜 それにより、上空から餌が見つけ易いのでしょうか。 ではまたお会いしましょう。

>>>この続きは、ライトセラピー11 へどうぞ!

>>>レッスンを始めからお読みになりたい方は、ライトセラピー1 からどうぞ!

◉ ライトセラピーレッスン PAPERMOON ◉

講座のお問合せは こちら から

#ライトセラピーレッスン #ライトセラピー #ライトテラピー #PAPERMOON東京自由が丘

〒158-0083

鯉沼ビルB1F

手作りライト教室、PAPERMOON、ペーパームーン、東京自由が丘

03-5754-2637

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

©PAPERMOON All rights reseved

本サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、加工及び引用を一切禁止します