〒158-0083

鯉沼ビルB1F

手作りライト教室、PAPERMOON、ペーパームーン、東京自由が丘

03-5754-2637

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

©PAPERMOON All rights reseved

本サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、加工及び引用を一切禁止します

PAPERMOON
​​Blog

【ライトセラピー 28 】早起きのための3つのコツ| PAPERMOON ライトセラピーレッスン 東京自由が丘

2017-7-14

皆さま、こんにちは。PAPERMOON 冬野朋子です。

 

 

 

梅雨明け…まだですよね?それにしても暑い毎日です。

どなたさまもどうぞ夏バテなさりませんように…😨💦

 

 

 

さて、金曜日恒例のライトセラピーレッスン✨

今週もはりきって行ってみましょう🏃💨💨

 

 

 

さっそくですが、
前回の【ライトセラピー27 食事・睡眠・運動……一番大事なのは?】
について、皆さまお読み頂けましたでしょうか?

 

 

 

食事・睡眠・運動…どれも大切な三要素であることは言わずもがな。
その中で敢えて選ぶとすれば…について書いております。

未だの方は、ぜひご一読を💗

 

 

 

さあ、そしてそれを受けての本日。

 

 

 

早起きについて書いてみたいと思います。

 

 

 

いえ、もう少し正しくいうと、

何時に起きよう!とか言う早さを問題にしたいのではなく、

素敵な目覚めであるかどうか、

つまりどんな睡眠であったか、が重要になりますかね。

 

 

 

睡眠については、学会まであり、文献も豊富。
エビデンス(証拠)もたくさんあります。

私が今更あれこれ解説しなくとも、既に皆さんも知識をお持ちのことと思います。

 

 

 

そして概ねの共通認識として、

 

・7時間程度の睡眠を確保しましょう(日中に眠気を感じない程度)

・規則正しい生活をし毎日同じ時間におきましょう(寝だめなどをしない)

・できれば、15分程度の昼寝をしましょう(長い昼寝は却って夜の睡眠を邪魔する)
・寝酒はやめましょう

・適度な運動をこころがけましょう

・寝る前のスマホやテレビを見るのはやめましょう…etc.
 

などが挙げられますでしょうか。

 

 

 

このあたりのことは、

ライトセラピーと密接に関係する部分(いえ、真骨頂かもしれません)

ですので、この後のライトセラピーレッスンでも深堀りや、

最新エビデンスを随時お伝えするとして、今日のところは、

もうちょっと実利的な、そして今日からすぐ出来るワザ的なものを…。

 

 

というのも、実はワタクシ。サラリーマン時代は夜型人間だったのです。
けれどもサラリーマンは決まった時間に出社せねばならず(当たり前ですが)、

もちろん、遅刻なぞはしたことがありませんでしたから、

よって睡眠時間が大変少なく、まあ、いろいろ問題が起きました。



でも現在は、朝型…とまでは言いませんが、
できるだけ早めに就寝し、しっかり6,7時間は睡眠時間を摂っています。



おかげで、体調については、180度変わったといってもいいです。
とても元気になりました😀💨💨


 

またストレスが本当に少ないです(これは睡眠だけが理由ではないですが)。

 

 

 

ですので、今もし、

 

#夜型から朝型に切り替えたい

#いますぐは無理でも興味がある
#朝起きて三文の徳とやらを得たい!

#仕事が変り、早起きがマストとなってしまった!
 

なんて思っている方。ぜひ試してみてね。

 

 

 

ではいきます!

 

 

 

 

コツ1  

 

 少しずつやる!

 

 

もう一丁!

 

 

コツ2  

 

 早く寝る!

 

 

 

です。

 

 

 

な〜んだ、そんなことか💦
と思われたことでしょう。

 

 

 

でもはい、少しずつ が いいのです。

 

 

 

巷には早起きを奨励する本が溢れています。
日の出と共に起きろ!とか、5時から朝活せよ!的な、ハウツーものの多いこと!

もちろん、そこまで早く起きれたら一日がさぞや有効かもしれませんが、

なんでもひとっ飛びに行おうとすると、挫折の元、元の木阿弥です。

 

 

 

少しずつ、少しずつで良いのです。

 

 

 

そしてだいたい、朝が苦手な人というのは、夜が遅いのです。

以前の私はコレが理由でした。家族や仕事の関係で、どうしても夜型に。

だから、朝だけを早くするのは無理があります。

 

 

 

今日寝る時間を、いつもより、10分早めてください。

そして起きる時間を10分早くする。

 

 

 

このくらいなら、できそう💗って思えませんか。

 

 

 

そうして時間をかけてずらしていきます。

たかが10分ですが、10日で100分

つまり1時間半ずれるので、侮れませんよ。



それに、睡眠に関する文献を探っていくと、

一定数の割合で、どうも早起きが身体に合わない人もいるようなのです。

数は少数派だと思われますが、ゼロでない以上、

貴方にとっての適切な時間帯を一度探ってみると良いと思います。