〒158-0083

鯉沼ビルB1F

手作りライト教室、PAPERMOON、ペーパームーン、東京自由が丘

03-5754-2637

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

©PAPERMOON All rights reseved

本サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、加工及び引用を一切禁止します

PAPERMOON
​​Blog

照明器具の寿命をご存知ですか? | 手作りライト照明教室 PAPERMOON(東京 自由が丘)

2019-4-18

皆さま、こんにちは。PAPERMOON 冬野 朋子です✨



今日はちょっとばかり真面目で、

大切な電気(照明器具)お話しなぞを。

 

 

 

震災後に一気に普及したLED電球💡✨

 

 

 

このLED電球が 省エネ なばかりではなく、
電球そのものの耐久年数 がやたらあるものだから、

皆さんも驚かれましたよね。

 

 

 

今多く言われているのが、

 

40,000(4万)時間

 

という数字です。

 

 

 

仮に一日7時間使用したとして、

7時間×365日=2,555時間、

10年使用しても、25,555時間

にしかなりません。

 

 

 

オフィスなどは昼間から点けるでしょうから、

1.5倍くらいで計算すると、

38,000時間くらいになります。



つまり、オフィスなどで10年

家庭などでは15年もの間、

使うことが(理論上)可能です。



すごい時間ですね〜。

一つの電球が10年以上使えるって、

考えられない期間です。

 

 

 

ところがですね。

もたないのです……10年以上…

 

 

 

えっ?でも今、もつって書いたじゃん!

 

 

 

いやいや、何が、というと、

それを受ける、

 

器具の方が、

 

です。

 

 

 

電球が15年、仮にもったとしても、

器具がもたないのです。

 

 

 

ではどのくらいというと、

JIS(日本工業規格)では、

交換の目安を 約10年 としています。
 

 


でも家などは40年とか住んじゃいますよね。

その間、器具って交換してますかね?

 

 

 

してませんよね。

 

 

 

そこがね、アブナイところなのです。

 

 

 

何しろ器具の内部は外からは見えません。

それに電球のように、

切れてお知らせしてくれればいいですが、

もちろん、お知らせもアラートもありません。

 

 

 

つまり、限界まで使ってしまうんですよ💦💦

 

 

 

これは危険なんです。本当は。

 

 

 

交換がベストですが、
せめて点検をすることが大切となってきますね。

 

 

 

救いなのは、今はどの家庭にもブレーカーが付いています。

よって、仮にショートが起きても、

ブレーカーが落ちるので、少しは安心です。

(発火したらアウトなのですが😥)

 

 

 

私が幼少のころは、ブレーカーがないお家が、

漏電等々で火災となり、

ニュースになっていたのを良く覚えています。

 

 

 

ということで、皆さまも、

 

断捨離もいいけど、電気もね😉

 

を合言葉に(?)、
このことを思い出していただければ嬉しいです✨

 

 

 

今後そういうメンテナンス時期も、

自動で知らされるといいですね〜。

 

 

 

この件、もっと詳しく知りたい方は、

一般社団法人 日本照明工業会

こちらのページをご覧ください!

 

 

 

追伸:先日、アトリエの洗面所のLEDが、1年ほどで切れました…💧

 

 

追伸2:こうした安全のことを学びたい方は、講師養成コースをぜひ…😇